TouchUp

脳科学・機械学習を活用したAIデザイン分析ツール

ターゲットに適切なメッセージを届けるデザインか判定

TouchUpはマーケティング担当者やデザイナーが魅力的なコンテンツを制作するための、脳科学を応用したデザイン分析ツールです。広告・パッケージ・チラシ等用途を問わず、判定が可能です。

注目されるエリア・順位・確率を分析

見て欲しい場所への注目度を確認できます!

TouchUp独自の深層学習アルゴリズムは、無意識のうちに実行される処理をシミュレーションし、広告画像の中で注目される場所と確率を予測します。

プレアテンション分析 注目順位

無意識に注目される順序。5箇所がハイライトされます。

プレアテンション分析 確率

無意識に注目される確率が表示されます。

ポストアテンション分析 注目エリア

意識して注目されるエリア。従来のアイトラッキングの手法による結果に相当します。

見た人の受ける印象を分析

印象分析

どのような印象を与えているのか?
性別、意図、思考プロセスタイプ、プロダクトタイプ、気分、目標指向の6つの観点から確認できます。

ブランド・パーソナリティ分析

ブランドパーソナリティがどう捉えられているのか?
有能性、刺激性、素朴性、誠実性、洗練性の5つの要素で分析します。

TouchUpの仕組み

現在の広告評価(アイトラッキング、フォーカスグループなど)は、意識的に実行される処理、すなわち気付きの後に実行される処理を元に行われています。こうした手法では、一瞬で効果的に注意を引き付けるために必要な洞察が得られていない可能性があります。意思決定には、自動で、自然に心に現れる現象が関与しています。TouchUpは気付きの前に実行される処理をシミュレーションすることで精度の高い分析結果を提供します。

活用事例・活用シーン

  1. Webinarでの集客、参加登録ページにて、参加登録ボタンのレイアウトをアテンション分析に基づき修正したことにより、直帰率が約2割減少し、登録率が1.9倍に増加。

  2. 商品パッケージのデザインを分析し、平均売上高の高いデザインは「エキサイト」指標が高いことが判明。ターゲットにより訴求するデザインに変更。

  3. 冊子の表紙ページの選定にてブランド・パーソナリティ分析/印象分析を活用し、ターゲットペルソナに最も合致している案を採用。A/Bテストを含めたコンテンツ制作時間が従来に比べ2割削減。